読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イロマチディープ・チャイナ

裏風俗、心霊スポット、憩いのバーなど、中国のディープスポットをご紹介。中国の釣り情報やコラムも書きます。

中国置屋街(红灯区)の探し方。より良い女と寝るために

ノウハウ

イロマチに興味がある、ディープな読者諸兄姉へ、裏風俗の探し方をお伝えしたいと思います。

ここで言う裏風俗とは、置屋・立ちんぼ街のことです。それを中国語では「红灯区(hong deng qu)」と呼びます。

f:id:pippikopikko:20170121145646j:plain

*「百度」という中国のグーグルばりの検索サイトで。舞台は韓国のようですが、画像の右上にちゃんと「红灯区」と書いてありますよね。

 

 

f:id:pippikopikko:20170121145702j:plain

*红灯区で画像検索すると、こういう「置屋」ばかり出てきます。

 

この言葉は、広い中国のどこでも通じます。だから、この言葉さえ知っておけば、大陸のどこでもかしこでもディープな裏風俗を探し当てることが出来ます。

筆者は、例えば 

iromachideep.hatenablog.com

iromachideep.hatenablog.com

iromachideep.hatenablog.com

などの裏風俗スポットは、「红灯区」とネットで入力した簡単な検索と「红灯区どこにあるんだ?」と市井の人々への聞き込みで発掘しました。

上海などの日本人が多い街では日本語情報が割と豊富なので、ググってみたら出て来ますが、地方都市などはあまり日本語の情報がないですよね。そうした時は、このノウハウが使えるので試してみてください。

ちなみに、中国の県レベルの中心地だと、たいていどこにでも風俗街はあるように思います。目指せディープ!

筆者は、かつては非効率的に足で歩いて探していましたけれど、今ではネットとタクシーの運ちゃんを使ったイージーな探し方(以下、ノウハウ)で毎回、きちんと見つけます。笑

 

検索の方法

筆者が知らない街でイロマチを探す時は、先ず最初に「百度」から探します。まだ筆者も行ったことがない街「陝西省西安市(昔の都、長安ですねー)」を舞台に、僕が旅行に行くとしたらどう置屋を探すかをシュミレーションしてみます。

 

f:id:pippikopikko:20170121145718j:plain

*先ずは「百度」に红灯区と入力します。すると、検索候補でいろいろ出てきますね。中国人も探してるんです。「世界人民都好色(世界の人民はみんなセックスがだーいすき)」という私の持論はやっぱり正しいみたいです。笑

ここで、そのまま検索してみてもいいんですが、西安红灯区在哪儿了(西安置屋どこにあるのさ)?を選んで調べてみます。

 

f:id:pippikopikko:20170121145730j:plain

*すると、具体的な地名っぽいのが書いてありそうなページが出て来ました。「西安火车站(西安駅)」と書いてあるページがありますね。そこをクリックしてみます。

 

f:id:pippikopikko:20170121145825j:plain

*すると「我朋友去过的(僕の友達が行ってきたよ)」とかが書いてあります。ああ、西安駅の近くに「置屋がある」ことが分かります。

 

f:id:pippikopikko:20170121151310j:plain

*もう少し下にスライドして詳しい情報(ネット民の反応)を見てみると、「最好不要去了(行かない方がええよ)」「肯定不安全了(危ないと思うんだよなあ),火车站都不好的(駅のところはみんなだめ),建议~(~の方がいいよ)」など、いろいろ書いてあります。

日本でも中国でもネットの情報なんて信用できないもんです。ましてや、中国は変化が速いですから。ただ、ここまで見ていて置屋の存在を否定する書き込みがないことから西安駅の近くに置屋はまずあるだろう」し、他の場所をオススメする書き込み(それも否定されていないこと)から、「西安駅とは別の場所に少なくとももう一つの置屋がある」ことが推定出来ます。

西安は大都市ですから、複数の置屋があっても不思議ではありません。こうした推測を下にして、実地調査に移ります。

以上が事前の下調べになりますが、たぶん10分もかからないですね。笑

 

f:id:pippikopikko:20170121145847j:plain

*駅の地図。「ほう、ここら辺にあるんだね。売春街は川の近くにあることが多いけど?」などと考えながら、プランを練ります。笑

 

というわけで、私が行くとしたら、先ずは確実に見つかりそうな西安火车站(西安駅)近くの置き屋を探します。

西安火车站(西安駅)の近くに宿を取り、先ずは雰囲気で近くにありそうなら歩いてみて置屋を探します。それでも見つからなかったら、タクシーかバイク・タクシーに乗って「红灯区」と伝えます。「有小姐的地方(女の子がいるところ)」などと伝えても通じますネ。

ここで置屋があると推定される場所の近くから探すのは、その付近を根城にしているタクシー・ドライバーなら、近くのディープ・スポットも詳しいと思われるからです。広い街だと、タクシー・ドライバーでも知らない場所が多くなりがちですからね。

ちなみに言わずもがなですが、男性のタクシー・ドライバーを選んでくださいね。女性だと嫌悪感マックス(ましてや日本人だし)になったり、そもそも興味がないから知らない、なんてことがありがちです。

 

f:id:pippikopikko:20161222235717j:plain

*ブーン。福建省の田舎町で、実際に三輪タクシーのおっちゃんに红灯区まで連れて行ってもらってる時の写真です。笑

こんな感じで連れて行ってもらいます。

 

f:id:pippikopikko:20161222235533j:plain

*着いた~。実際にこの三輪タクシーのおっちゃんに連れて来てもらった红灯区。ここは立ちんぼ街でしたけど、まあ红灯区の範囲内です。

 

それで、一つ目の置屋に着いたら、そこまで大きくない街ならば、次の置屋街までは数キロ程度でしょう。そこで、街の人かタクシー運転手を捕まえて、「还有别的红灯区吗?(他の置屋街ってないの?)」と聞きます。

地元の具体的な地名が分からない、チープ(まだディープではない、という意味ですが笑)な我々は、「他の」という言い方で別の置屋に行けるからはかどりますネ。

たいてい、街には有名な置屋街が一つ二つあるだけで、他のディープスポットはあんまり地元民と言えども知らないことが多いです。そこで、先ずはネットにすら知られている有名置屋街に連れて行ってもらってから、そこで他の場所を知っている地元民から情報を手繰り寄せると次の置屋街に辿り着くことが出来るでしょう。

夜のお相手の選択肢が多ければ多いほど、性的満足の度合いも増していくことは言うまでもないですよね。そして、ディープ・スポットに関心がある方も、いくつもの置屋があるなら全部見て来たいと思うはず。

旅行先では是非、タクシーを何度も乗り換えてイロマチを網羅してきてください。笑

もちろん、街によりけり(例えば、福建省の州都「福州」は路上の置屋が近年、壊滅していて、風俗は全てサウナだった。大都市でも置屋がない、あるいは少ないことがある)ですが、こうやって旅行先(あるいは近所でも)を散歩してみると面白いですよ。

セックス旅行で大陸に来られる方も、「红灯区」の一言を覚えておくだけで、こうした遊びが出来ますから、覚えておいて損はないと思います。

尚、ウェイボーなどでセックス・ストリート情報を探す方もいらっしゃるようですが、筆者はそうしたSNSが苦手なのでやってないです。

ただ、話を聞く限りでは、エロマッサージ店などの情報が多く「置屋街を探すノウハウとしてはイマイチなのかな?」と思っています。

 

必要ワードまとめ

 ・红灯区(hong2 deng3 qu4)置屋街の意味。立ちんぼがいる通りも含む。

・有小姐的地方(you3 xiao2 jie3 de di4 fang1)女の子がいるところ。

・还有别的红灯区吗(hai2 you3 bie3 de hong2 deng2 qu4 ma)他の置屋街ってないの?

筆者は置屋を探す時、いつもこれくらいの言葉しか使っていません。ただ、これだけだとすごい貧相なので、お嬢と話す時に使う言葉をおまけにしておきます。笑

・有什么服务(you3 she2me fu4 wu4)どんなサービスがあるの?

・打抱(da3 bao1)做爱(zuo4 ai4)セックスの意味。前者が使われていることが多いかも。

・口交(kou3 jiao4)フェラチオの意味。

・奶奶(nai2 nai2)おっぱいの意味。

・全套(quan2 tao4)全部サービスの意味。全身マッサージ、性感マッサージ付き本番のこともあれば、ただの本番の時もある。なので、そこは注意が必要です。

これくらいが分かっていたら、だいたい問題ないのかなとは思います。尚、筆者がこのピンインだと思って話していて通じているだけなので、もしもピンインが間違っていたらご指摘ください(汗)。