読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イロマチディープ・チャイナ

裏風俗、心霊スポット、憩いのバーなど、中国のディープスポットをご紹介。中国の釣り情報やコラムも書きます。

摘発・取り締まり中。上海「七宝老街」の最新状況(2017/3/05)

上海市 闵行区 置屋・立ちんぼ

ご無沙汰しています。沖縄などなど旅行して色々見てきましたが、画像データが上手く取り出せないので更新はまた後ほど。

さて、久しぶりに上海最大の置屋・立ちんぼ街の「七宝老街」へ行ってきましたので、この街の近況を報告します。

この街の基本情報・詳細については ↓ の過去記事をご参照ください。

iromachideep.hatenablog.com

 

 

 

が、壊滅していました。。。

 

 

 

絶賛、公安による摘発・取り締まり中で、売春婦が多くいたエリアの中には入ることすら出来ません。七宝老街では、一般住民も暮らしている隣で彼女たちは売春業を営んでいました。今この一帯に入れるのはそうした一般住民だけのようです。

 

f:id:pippikopikko:20170307202141j:plain

*唯一の門には警官が常駐。この警官に「扫黄呢?(風俗の摘発ですかいな)」と質問すると「うん、そうだよ」と答えてくれました。

この街に入る人に「お前、どこいくの?」といちいち目的地を尋ねていましたネ。私は「散歩」と答えたので入れてくれなかった。。。

 

f:id:pippikopikko:20170307202209j:plain

*警官の隣にある看板。治安整頓と書いてありますが、この一帯を封鎖した理由は風俗の摘発です。2月25日から実施している模様。既に10日程度経過しても尚。

 

f:id:pippikopikko:20170307202158j:plain

f:id:pippikopikko:20170307202224j:plain

この一角へ入る門は、警官が常駐しているところ以外、全て封鎖されています。以前は封鎖された門なんて一つもなかったのに。

封鎖された門から見ると売春婦はいなかったように思いますが、500メートル四方はある一角だから、どこに隠れていてもおかしくない(ネッシーみたいな言い方でごめんなさい)。

 

西側置屋・立ちんぼ街

 尚、過去記事にも書いた通り、七宝老街には東西・大小の二つの置屋・立ちんぼ街があって、今回摘発・取り締まりされたのは東側の大きい方です。

西側の小さな置屋・立ちんぼ街はお嬢数10名程度で通常営業中。

おばさんばかりでしたが・・・

値段は変わらず一発50元。

ただ、ふらふらしてると「18歳の女の子とヤらない?一発150元だよ!ヤりたいなら今から呼ぶよ!」とおばはんから言われました。

というわけで、一応この街でもヤろうと思えば快楽への道は開けているようです。

 

おまけ(根拠の薄い考察)

公安は門を閉じることで何をするのか?

兵糧攻めで売春婦たちの自主・投降を待つのか、あるいは完全に捜索し切るために封鎖したのか?それとも収入源である客の流れを断つことで強引に商売を「一時的に」停止させて、公安も仕事ちゃんとやったよ感を出すためなのか?

この地区は一般住民と売春婦がもはや「共同生活の勢い」で空間的に密着して暮らしていたので(小学生が勉強している部屋の隣でめちゃめちゃ売春セックスしてる)、日本で言うところのPTA主義(?)的住民の反対でも起きて摘発・取り締まりがなされたのか?

こうして色々考えてみても、結論としては何も分からないですね・・・

今回、警官に尋ねたり、地元住民の何人かに尋ねてみたりはしたんですが、話してくれなかったり、「知らん」しか言わなかったり。イロマチの力不足を憂うばかりです。

今後ともこの街へは機会を見つけて散歩してきます。