読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イロマチディープ・チャイナ

裏風俗、心霊スポット、憩いのバーなど、中国のディープスポットをご紹介。中国の釣り情報やコラムも書きます。

浙江省「嵊泗島」に釣りに行くクリスマス・イブ「海釣り情報あり」

メリー・クリスマス。上海は東京と比べて、イルミネーションも大した規模じゃないし、こっちではクリスマス商戦だのと呼ばれるイベントが起きる程の重要なイベントではないのかなと思う。それでも若い中国人の中には、カップルでデートしたりする「日本的悪習」が身に付いて浮かれているのもいる。笑

さて、筆者は彼女もいないので、浙江省の離島「嵊泗島」へ釣りに行ってきた。上海からバスと船を乗り継いで三時間程度の近場で、島の人口は三万人だ。近場の島を合わせた「嵊泗県」の中心になっている。

東京で言えば伊豆大島のようなところだろうか?人情に溢れて飯がめちゃくちゃ美味しかったグット・プレイスなので紹介したい。

 

f:id:pippikopikko:20161225165520j:plain

*適当なホテルに泊まって、本日飲むお酒を買いにお酒の専門店へ行ったら、おじさん・おばさん夫婦がちょうどご飯時で「アンコウ鍋」をご馳走してくれた。サイコーに旨かった。夫妻は優しくて知性に溢れてええ人やった。

 

f:id:pippikopikko:20161225165542j:plain

*アンコウ鍋。卵やら胃袋やら全部入っている。三人で囲む。めちゃめちゃうまい。手前にある飲み物は私が買ったセッコー省の黄酒。

 

f:id:pippikopikko:20161225170007j:plain

*島の中心にある漁港。どこの国籍でも、風にたなびく国旗を見ると胸が熱くなるねえ。向こうにあるのは、黒煙をめちゃくちゃに噴射して進むどっかの国の船。

 

f:id:pippikopikko:20161225170028j:plain

*深夜の海鮮料理店。深夜でもびしばし営業している。元気な街だ。高齢者が比較的多いが、それでも若者も多く見かけた。

 

f:id:pippikopikko:20161225171724j:plain

海鮮料理店で食べたアイナメの「清蒸」。めちゃめちゃ美味しい。二軒目の夕飯だったのに、小食の私が夢中で食べて肉を全て食べきってしまったくらい。

 

釣りに行ったけど

 

f:id:pippikopikko:20161225170051j:plain

一日ねばったのに、ちっこいフグしか釣れなかった・・・釣った場所は島の北部の磯。タクシーのおばちゃんのオススメポイント。周りにも釣り人が数人いたけど、彼らも釣れなかったみたいで、そそくさと撤収してた。

 

釣り人と釣り道具屋のオーナー情報だと

・人気の釣り物はスズキ、クロダイ、イシダイなど

・チョイ投げ(地元民は磯なのに投げてた。筆者も試しに投げてみたけど、根掛かりばかり。地元民は投げて釣れるポイントを知っているに違いない)、中通し浮きを使った固定浮き釣りが主流

・水が濁ると釣れない。水が澄むと釣れる。

・餌はオキアミ(エビ)

・近場で最もいい釣り場は构纪岛(gou ji dao)、嵊泗島は魚が少ない。特に良いのは4月20日以降から5月にかけて。いろんな魚が産卵のために接岸して型も数も出る。

とのこと。

さて、天皇誕生日にこの島に訪れた私だが、実はネットでも构纪岛についての情報を仕入れていて、次の日に隣の构纪岛に行くための宿泊だった。

天皇誕生日の正午ごろに上海を出発して着いたのが夕方だったので、既に构纪岛行きの船がなくなってしまったのだ。ちなみに、上海を七時過ぎに出発する便に乗れば、构纪岛へまっすぐに向かうことが出来るのだが寝坊した・・・

そして、島に宿泊した翌日も身体が熱っぽくて起きれず、朝一番の构纪岛へ向かう船を逃したので10時頃から嵊泗島で釣りをしてみた格好になる。

本当にダメダメな釣り人だ・・・

そんなダメダメの私は、夕方まで粘っても釣れず「明日も海が濁ってるから、明日の釣りもだめだと思うよ」と島民からアドバイスを受け、本来は26日まで三泊四日するつもりだったのに、24日夜18:00の上海行き最終便に乗って帰った。意志薄弱マンである。

ちなみに、私は大陸スズキが釣りたかった。そして、海釣りは初心者で基本から学び中である。専門は渓流釣りだ。

 

行き方

上海市の中心部近くにある「南浦大桥」からバスが出ている。そこでチケットを買うと、船もセットになっていて100元前後。浦東からバスで小洋島まで行って、そこから船に乗って嵊泗島へ向かうことが出来る。同じ会社(公共機関)が運営して手配しているので、無駄に待つなどの時間のロスはなく、上海から嵊泗島までは片道三時間。とっても近い。

一日、数本の便が出ていて、特に土日は夜間便が増便されているはずだ。頑張れば日帰りでも十分に遊んで帰って来れる。

f:id:pippikopikko:20161225170112j:plain

 尚、釣りスポットとしてオススメされた构纪岛へは同じく上海の南浦大桥から直通便が朝七時台に出ている。直通便はそれだけで毎日一本。直通で上海から4時間。

嵊泗島を経由すると、到着した港「李柱山」から「小菜园」港までタクシーで20分程移動しなければならないので面倒。嵊泗島から构纪岛へは一日二本から三本の船が出ている。

目的地がどこでも、海況次第で時間と出欠航が決まるので、随時チケット売り場等で確認してください。