読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イロマチディープ・チャイナ

裏風俗、心霊スポット、憩いのバーなど、中国のディープスポットをご紹介。中国の釣り情報やコラムも書きます。

美女だらけ。ショー・クオリティ最高の北朝鮮レストラン「平壌阿里郎」in上海

上海市 北朝鮮レストラン 闵行区

上海で一番ドでかいと思われる北朝鮮レストランに行ってきた。

この店に行くのは都合、二度目で、この日は初めてショーを見てきたので写真付きでご紹介したい。ショーのクオリティーがすんんんんごい高くて素晴らしかった。

私はこれまで、カンボジア上海市内の北朝鮮レストランを合計、5・6軒程度は回っているが、この「平壌阿里郎」は最も規模が大きく、最もショーのクオリティーが高かったように思う。

そして、従業員も多く、美女も多い。ちなみに、北朝鮮は世界で最も美女が多い国の一つであると私は思っている。

 

みんなかわえええええ~~~~~

 

f:id:pippikopikko:20161226164919j:plain

*ちなみに、私の最もタイプだった女の子は写真右手でピアノ的なサムシングを弾いている女性。ちょっと内気そうで、でもめちゃめちゃ頑張ってる感じがあってイイネしたい。スタイルはスラッとしていて、小顔。それに上品な清楚感が漂う(とはいえ、みんな清楚系。故にラスト・アジアである)。

 

f:id:pippikopikko:20161226164937j:plain

*この店は、音楽系のパフォーマンスのレベルが群を抜いている。きっとみんな、毎日厳しい練習を潜り抜けて舞台に立っているんだろうな。衣装は見ての通り、ギンギラギンのちょっとセクシーなもの。

 

f:id:pippikopikko:20161226165111j:plain

*店内はショー・タイム以外は写真を撮っちゃダメなので、タバコを吸いがてら入口から店内をパシャリ。以前、過去記事で紹介した平壌青柳館の三倍はある広さだ。

過去記事はこちら ↓

iromachideep.hatenablog.com

 

この店の管理売春疑惑について

過去記事で紹介したように、北朝鮮報道を専らとするデイリーNKによると、呉中路にある北朝鮮レストランで管理売春が行われていて、それを苦にした女性ウェイターの失踪事件も発生したという。

詳しくはこちらもご参照のほど ↓

iromachideep.hatenablog.com

 恐らく、そうした売春がされるとしても、金持ちの(客単価が高い)常連客を対象としてこっそり行われるだろうし、私は毎度キムチチヂミと北朝鮮が誇るデドンガン(大同江)ビールをちびちびやってる貧民で、それにまだ二度しか来たことがない。だから、私はまだそういうお誘いにご縁がない。

とはいえ、店の雰囲気を見ていても、売春が行われている可能性が濃厚だと思える訳でもない。確かにここは高級レストランであり、客層も外見から高所得者だと思われる人たちが多い。だが、彼ら客の動きを見ていても特に怪しいこともないし、敢えて店の裏通路から入店した時も大して怪しげな部屋等は見当たらなかった。

この店はビルの二階にあるが、一階の入り口にはタバコ店がある。

そこのオーナーに「ここで朝鮮の女の子たちとエッチなお遊びが出来るって聞いたんだけど本当?」などと尋ねてみても「いやー、おら知らねえ。聞いたことねえ」と言われた。これまでの感覚としては、たぶん、管理売春は行われていないと思う。あるいは、私のような一般客がアクセス出来ないようなところで行われている。

ただ、この店で管理売春が行われていると噂が立ちやすい理由も何となく分かる。

それは、女性たちの数があまりにも多く、従業員の中で機能分化が発生し、管理的・組織的な感じがするからだ。

ショーを行う女性たちも、北朝鮮人女性ウェイターたちの数があまりにも多い(20人を越える)ので、ショーを行っている最中も合間合間に客のオーダーを取りに行ったり等の効率が悪いことをする必要はない。

そうした店の運営方法は効率的な一方、女性たちの自発性で運営する「健全かつ元気な北朝鮮レストラン」という他の北朝鮮レストランを回って筆者が思っているイメージとは些かの違いがある。そして、後述するように、中国人と思われる管理者もいる。

他の北朝鮮レストランは、ショーを行いつつウェイター業務やショー・料理の内容を考える等、全て女性ウェイターたちが行うし、そのため人員も少ない。それは他の多くの北朝鮮レストランと異なる特徴であり、また若干、平壌アリランの女性ウェイターたちの笑顔が乏しかったような気もする。

(管理売春があるかも≒国家権力に蹂躙されて悲劇的という偏見・先入観が入っていること、ウェイター業務をしない女性たちは、ショー中の固い笑顔しか見れなかったことが原因?)

そのため「管理売春」の噂が立つ理由も分からなくもないように思う。とはいえ、真偽は不明だが、恐らくナシ。

女の子たちはめちゃくちゃ可愛いし、引き続き通い詰めて調べたいと思う。

 

すっげえ最新機器と中国資本との提携

そして、この店が他の店と異なるもう一つの特徴は、恐らく中国資本と提携して運営されていることだ。ウェイターたちは入口の受付や配膳等の指導をしていた管理者と思しき男女と中国語で会話をしていた。これは他の北朝鮮レストランではあまり見かけない。他の店は朝鮮人のみで経営していて、いつも朝鮮語で業務内容を伝えあったりしているからだ。

今では、この店の正式な名称も「錦上魚府」であり、魚料理店という形式になっていて、一階の入り口には大きな水槽に魚が泳いでいる。朝鮮の国営レストランで魚料理を推している店は見たことがないので、恐らく中国資本の魚料理店と提携して、中朝合同で切り盛りしているのだろう。

しかも、オーダーはアイ・パッドのような「電子機器」を用いて行う。極めて先進的なレストランだった。朝鮮伝統のチマチョゴリを着た彼女たちが、最新鋭の電子機器を持ってオーダーを取りに来るのは何だか違和感を覚える風景である。

f:id:pippikopikko:20161226175342j:plain

*こんな感じの最新設備だった。すげえええ。朝鮮レストランと言っても、なめてたらあかんぜよ。どこでも時代は進んでいるなー。あるいは、遅れてるのが私だけなのか。

 

行き方・場所 

f:id:pippikopikko:20161226165130j:plain

百度地図で平壌阿里郎と打てば出てくる。

呉中路沿いの分かりやすいところに「錦上魚府」とでかでかとした看板や、ショーの動画がながれている宣伝板がある。

場所は闵行区(min hang qu)の「莲花路(lian hua lu),吴中路(wu zhong lu)」だ。

浙江省「嵊泗島」に釣りに行くクリスマス・イブ「海釣り情報あり」

釣り 浙江省

メリー・クリスマス。上海は東京と比べて、イルミネーションも大した規模じゃないし、こっちではクリスマス商戦だのと呼ばれるイベントが起きる程の重要なイベントではないのかなと思う。それでも若い中国人の中には、カップルでデートしたりする「日本的悪習」が身に付いて浮かれているのもいる。笑

さて、筆者は彼女もいないので、浙江省の離島「嵊泗島」へ釣りに行ってきた。上海からバスと船を乗り継いで三時間程度の近場で、島の人口は三万人だ。近場の島を合わせた「嵊泗県」の中心になっている。

東京で言えば伊豆大島のようなところだろうか?人情に溢れて飯がめちゃくちゃ美味しかったグット・プレイスなので紹介したい。

 

f:id:pippikopikko:20161225165520j:plain

*適当なホテルに泊まって、本日飲むお酒を買いにお酒の専門店へ行ったら、おじさん・おばさん夫婦がちょうどご飯時で「アンコウ鍋」をご馳走してくれた。サイコーに旨かった。夫妻は優しくて知性に溢れてええ人やった。

 

f:id:pippikopikko:20161225165542j:plain

*アンコウ鍋。卵やら胃袋やら全部入っている。三人で囲む。めちゃめちゃうまい。手前にある飲み物は私が買ったセッコー省の黄酒。

 

f:id:pippikopikko:20161225170007j:plain

*島の中心にある漁港。どこの国籍でも、風にたなびく国旗を見ると胸が熱くなるねえ。向こうにあるのは、黒煙をめちゃくちゃに噴射して進むどっかの国の船。

 

f:id:pippikopikko:20161225170028j:plain

*深夜の海鮮料理店。深夜でもびしばし営業している。元気な街だ。高齢者が比較的多いが、それでも若者も多く見かけた。

 

f:id:pippikopikko:20161225171724j:plain

海鮮料理店で食べたアイナメの「清蒸」。めちゃめちゃ美味しい。二軒目の夕飯だったのに、小食の私が夢中で食べて肉を全て食べきってしまったくらい。

 

釣りに行ったけど

 

f:id:pippikopikko:20161225170051j:plain

一日ねばったのに、ちっこいフグしか釣れなかった・・・釣った場所は島の北部の磯。タクシーのおばちゃんのオススメポイント。周りにも釣り人が数人いたけど、彼らも釣れなかったみたいで、そそくさと撤収してた。

 

釣り人と釣り道具屋のオーナー情報だと

・人気の釣り物はスズキ、クロダイ、イシダイなど

・チョイ投げ(地元民は磯なのに投げてた。筆者も試しに投げてみたけど、根掛かりばかり。地元民は投げて釣れるポイントを知っているに違いない)、中通し浮きを使った固定浮き釣りが主流

・水が濁ると釣れない。水が澄むと釣れる。

・餌はオキアミ(エビ)

・近場で最もいい釣り場は构纪岛(gou ji dao)、嵊泗島は魚が少ない。特に良いのは4月20日以降から5月にかけて。いろんな魚が産卵のために接岸して型も数も出る。

とのこと。

さて、天皇誕生日にこの島に訪れた私だが、実はネットでも构纪岛についての情報を仕入れていて、次の日に隣の构纪岛に行くための宿泊だった。

天皇誕生日の正午ごろに上海を出発して着いたのが夕方だったので、既に构纪岛行きの船がなくなってしまったのだ。ちなみに、上海を七時過ぎに出発する便に乗れば、构纪岛へまっすぐに向かうことが出来るのだが寝坊した・・・

そして、島に宿泊した翌日も身体が熱っぽくて起きれず、朝一番の构纪岛へ向かう船を逃したので10時頃から嵊泗島で釣りをしてみた格好になる。

本当にダメダメな釣り人だ・・・

そんなダメダメの私は、夕方まで粘っても釣れず「明日も海が濁ってるから、明日の釣りもだめだと思うよ」と島民からアドバイスを受け、本来は26日まで三泊四日するつもりだったのに、24日夜18:00の上海行き最終便に乗って帰った。意志薄弱マンである。

ちなみに、私は大陸スズキが釣りたかった。そして、海釣りは初心者で基本から学び中である。専門は渓流釣りだ。

 

行き方

上海市の中心部近くにある「南浦大桥」からバスが出ている。そこでチケットを買うと、船もセットになっていて100元前後。浦東からバスで小洋島まで行って、そこから船に乗って嵊泗島へ向かうことが出来る。同じ会社(公共機関)が運営して手配しているので、無駄に待つなどの時間のロスはなく、上海から嵊泗島までは片道三時間。とっても近い。

一日、数本の便が出ていて、特に土日は夜間便が増便されているはずだ。頑張れば日帰りでも十分に遊んで帰って来れる。

f:id:pippikopikko:20161225170112j:plain

 尚、釣りスポットとしてオススメされた构纪岛へは同じく上海の南浦大桥から直通便が朝七時台に出ている。直通便はそれだけで毎日一本。直通で上海から4時間。

嵊泗島を経由すると、到着した港「李柱山」から「小菜园」港までタクシーで20分程移動しなければならないので面倒。嵊泗島から构纪岛へは一日二本から三本の船が出ている。

目的地がどこでも、海況次第で時間と出欠航が決まるので、随時チケット売り場等で確認してください。

セックス・デフレ地帯「七宝老街」の近況。昼の写真でご紹介

闵行区 上海市 置屋・立ちんぼ

上海最大の置屋・立ちんぼ街の「七宝老街」に散歩してきた。中国製の私のダメダメな携帯のカメラは暗闇が苦手なので、明るい内にちゃんと七宝を撮ってみようと思って向かった。昼間に行くのは初めてだ。

 

とはいえ、結果はまたしてもダメダメでした・・・。ぶれぶれでごめんなさい。ぶれた理由は、カメラのシャッターが下りるのが遅いのと、写真を撮っているのを見られると怒られそうで焦ってしまうからです・・・

まあ、でも中国の「老街」とはこんな感じなんだ、エロが広がる「老街」とはこんな感じなんだと了解してもらえれば幸いです。

f:id:pippikopikko:20161223213715j:plain*立ちんぼのおじょーたち。ちなみに、ここの通りが七宝で最も若くて綺麗な子がいる「メインストリート」だと私は思っています。笑

北側の入り口から入って、三つ目くらいの路地を右に曲がります。

 

f:id:pippikopikko:20161223213755j:plain

 *エロ地帯の一角。このアングルでも夜ならば女性たちがたくさんいるはずなのだが・・・

 

f:id:pippikopikko:20161223213732j:plain

*老街の入り口。商店街になっている。観光地からは川を挟んだ西側。

 

なにか言うことがあるとしたなら

この日のおじょーたちの出勤数は少なかった。昼間(4時頃)だから、まだまだ全然出勤していないのだろう。合計して10人程度しか発見出来なかった。若い子は少ない。遊びやら散歩やらにいらっしゃる方は、日が暮れてからの時間が最もいいだろう。

ちなみに、タクシーで来る時に「壱セット50元だぜ」と中国人タクシー・ドライバーに教えてあげたら「まじでえええ!?」と大興奮していた。中国人(上海人)でも、上海で最も巨大なエロ地帯、「七宝老街」の存在を知らない人も多いようだ。

この街の詳細については過去記事をご参照ください。

iromachideep.hatenablog.com